ダイナミックプライシングとは?

アイキャッチ

日本では、多くの価格が定価で売られています。この定価を世界で初めて一般向けに始めたのは越後屋(現三越)の創業者三井高利であるといわれています。定価が当たり前の時代ですがAIやビックデータの活用による変動価格制(ダイナミックプライシング)にも注目が集まっています。

ダイナミックプライシングとは?

ダイナミックプライシングとは変動価格制のことです。あらかじめ値段が決められている定価に対して、ダイナミックプライシングではタイミングや需要と供給によって、価格が変動します。

市場がダイナミックプライシングの代表例です。市場では商品ごとに毎日価格が決められています。いわゆる競り(セリ)で価格が決められています。

供給側が価格を付けて売る定価が一般的なのに対してなぜ市場ではダイナミックプライシングを採用しているのでしょうか?

ダイナミックプライシングのメリット

ダイナミックプライシングのメリットは次の通りです。

  • 在庫が全て捌ける
  • 収益の最大化が図れる

需要と供給のバランスによって価格が決まるというのは中学校の公民の時間にみなさん習ったことがあると思います。一定まで価格が下がれば理論的には全て売れるのです。この原理で在庫を全て捌くことができます。
このメリットは、生鮮市場やホテル、飛行機のチケットなど、在庫として保管できなような性質を持つ商品を扱う業種で効果を発揮します。在庫として保管できないような商品は期限までに捌かなければ全てロスとなり損失となります。ダイナミックプライシングを使うことで、ロスや損失を出さずに全ての商品を売ることができ、結果的に定価よりも多くの売上と利益を生み出すことができます。

ダイナミックプライシングのデメリット

ダイナミックプライシングのデメリットは次の通りです。

  • 価格を決めるコストがかかる
  • ブランド価値が下がる場合がある

ダイナミックのデメリットは価格を決めるコストがかかることです。
市場を例にすると、商品ごとに競り(セリ)をする必要があります。セリ人が前に立ち、買受人が価格を提示して最高値を付けた人が競り落とします。生産者からしてみると、この競りのシステムを使うために市場に手数料を支払う必要があります。農産物や鮮魚の場合は、定価の場合でも店舗に置いたり営業する必要があるので市場で売った方が安く済むかもしれません。
ホテルや飛行機のチケットの場合は、販売をネットや空港の航空会社窓口で行っています。そのため、定価でもダイナミックプライシングでも同じ販売コストがかかります。ダイナミックプライシングの場合は、この販売コストに加えて毎回値付けするコストがかかります。

ブランド価値が下がる場合も考えられます。
例えば、スーパーのお惣菜のようにブランドバックが割引して売られているとすると、そのブランドバックのブランド価値は下がってしまいます。このように、価格自体が消費者の価値となるような商品に関しては、そのブランド価値を落としてしまいます。この場合は、ダイナミックプライシングは向かないと言えます。

AIによるダイナミックプライシング

国内では野球業界でAIによるダイナミックプライシングがスタートしています。楽天とソフトバンクが先行的にこのAIによるダイナミックプライシングをスタートさせました。

詳細はこちらの記事に書かれています。

人気沸騰のプロ野球チケット販売に起きる進化 ダイナミックプライシングの手法は浸透するか 東洋経済ONLINE

まとめ

今回はダイナミックプライシングについての解説でした。