ブランドとは何か?

アイキャッチ

ブランドという言葉は日常でもよく耳にします。「アパレルブランド」や「ファッションブランド」など、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、このブランドとは何かを説明しようとするとなかなか難しいものです。今回はこのブランドについてお話しします。

ブランドとは何か?

ブランドの定義としては、競合のサービスや商品と区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザインなどのことです。

有名な企業には、よくロゴというものがあります。ロゴもブランドとして他の商品と区別されるために付けられているものです。

グッチやエルメスなどのブランドにも、商品を見てひと目でそのブランドとわかる目印があるはずです。このように他の商品と区別されるものをブランドと呼びます。

ブランド連想によってブランドの力が発揮される

名称、言葉、記号、シンボル、デザインからそのブランドについて消費者が連想することをブランド連想と呼びます。簡単にいうと、そのブランドを見たり聞いたりした時にそのブランドについて消費者がイメージすることです。

例えば、コカコーラと聞いたらあなたの頭の中には何が思い浮かびますか?甘い炭酸飲料とすぐに思い浮かびます。このようにその名を聞いた時に頭に思い浮かぶものがブランド連想です。

このブランド連想によってそのブランドの力がはじめて発揮されます。
夏の暑い日にコカコーラの自販機を見たり、コカコーラの広告を見たらコカコーラが飲みたくなりますよね。これがブランド連想によるもので、ブランドの力が働いている状態です。
そして、この連想した人が自販機やコンビニに行って隣にスプライトがあってもコカコーラを買ったり、スプライトの方が安いのにコカコーラを買う場合も大いにブランドの力が働いている瞬間です。

このように、ブランド連想によって、ブランドから連想されることが消費者の頭の中に浮かび消費者はその商品を買いたくなるのです。

ブランドの力

ブランドの力は以下の通りです。

  • 価格競争に巻き込まれない
  • 広告費を削減できる
  • 商品が選ばれやすくなる
  • 優秀な人材が集まり採用活動が楽になる

ブランドを形成することができると、そのブランドは上記のような力を発揮して競合に勝ちやすくなります。

ブランディングによってブランドは形成される

このブランドを形成していくことをブランディングと呼びます。
ブランディングとは、ブランドを作ることです。

ブランディングは下記のステップで行われます

  1. ターゲット顧客の特定
  2. ブランドを定義(どのようなブランドか決める)
  3. コミュニケーション(広告・広報など、伝えること)

詳細は別の記事で説明します。

まとめ

今回はブランドについてのお話しでした。