ホームページは24時間働いてくれる営業マンなのか?

アイキャッチ

ホームページは24時間働いてくれる営業マンであるという、コピーを見かけます。しかし、きちんと企画設計されていないホームページは24時間サボっている営業マン状態にあります。

今回はホームページを優秀な営業マンにする方法についてまとめました!

これからホームページを作ろうとしている方や、ホームページを作るか迷っている方はぜひ読んでみてください。

ホームページは24時間働いてくれる営業マンなのか?

結論として、以下であれば24時間働いてくれる営業マンだと言えます。

  • 潜在顧客・顕在顧客からアクセスされている
  • 売上につながるコンテンツが充実している
  • お客様の欲しい情報が掲載されている

 

この内容のホームページであれば必ず集客できますね。

逆に24時間働いてくれないホームページは以下のような内容です。

  • アクセスが全くない
  • コンテンツが少ない
  • お客様の欲しい情報がない

 

潜在顧客・既存顧客にアクセスしてもらうためには?

ホームページ集客で重要なポイントがアクセスしてもらうことです。

もちろんですが、アクセスがなければ誰にも見られていないということなのでいくらお金をかけて見た目が素晴らしいホームページを作っても何の利益も得られません。

では、どうやってアクセスを集めるのでしょうか?

大きく分けて2つの方法があります。

  1. SEO対策を行い検索からの流入を狙う
  2. SNSや掲載サイトからの流入を狙う

 

SEO対策を行い検索からの流入を狙う

ホームページへのアクセス元でもっとも多いのが検索からの流入です。弊社の運営するサイトも7割以上が検索から流入しています。

では、SEO対策をどう行うかと言うと大きく分けて2つあります。

  • 被リンクを充実させる
  • 検索上位に来るブログ記事を書く

 

被リンクの充実
被リンクとは、他のサイトにホームページのリンクを貼ってもらうことです。ドメインパワーの強いサイトから被リンクを得られるとより効果的です。

ドメインパワーとは、どのくらいドメインの検索結果での上位表示のしやすいかという指標です。ドメインパワーが強いほど、検索結果の上位に表示されやすくなります。

ドメインパワーの強いサイトから被リンクを得られることで、自社のホームページのドメインパワーも強くなりSEOの効果が得られるという構図になっています。

検索上位に来るブログ記事を書く
検索上位に来るブログ記事とは、検索意図に合わせた内容が充実している記事のことです。

数百文字のブログ記事では逆にSEOの効果はマイナスとなりますが1200字以上の記事を書くことでGoogleの検索エンジンはこのホームページは内容が充実していると認識して検索結果の上位に表示されやすくなります。

Googleは利用者のためになるページを上位にあげたいという意図を持っています。そのため内容の充実している検索結果の上位に来ている記事が多いページは充実したホームページであるので他のページも上位に来やすくしようとなるのです。

そのため、検索上位に来るブログ記事を書くとアクセス数アップにつながります。

ブログを書くことは、トップページのSEO対策になるだけでなく、各ブログ記事からの流入も見込めるのでさらにアクセス数を伸ばすことができます。

売上につながるコンテンツが充実している

売上につながるコンテンツとは、「信頼性」「有益性」を与えるコンテンツです。
「信頼性」「有益性」を与えるコンテンツとは、専門性の高い内容の記事やページのことです。

例えば美容室の場合、天然パーマの改善方法の記事や、ヘアケアに関する記事など、専門的な内容かつお客様に役立つ記事があればお客様はこの美容室は信頼できるだからこの美容室で切りたいと思うようになります。

このように、「信頼性」「有益性」を与えるコンテンツを提供することでお客様は自社の製品を購入してくれるようになり、売上が上がります。

逆に、休日の出来事などの記事は「信頼性」「有益性」がないので収益にはつながりません。

お客様の欲しい情報が掲載されている

あなたの会社のホームページを見に来たお客様が欲しい情報は何でしょうか?
どんな会社なのか?どんな事業をしているのか?どんな商品なのか?どうやって問い合わせたらよいのか?など、お客様の知りたいに答える情報をホームページに掲載しておくことが重要です。

例えば、ソフトウェアメーカーであればどのような機能があるのか?保証は?実績は?などお客様の知りたいに合わせて情報を載せておくと良いでしょう。

このお客様の欲しい情報が掲載されていなければお客様は他社の製品と比較検討できないので他社の製品に流れてしまいます。お客様の欲しい情報は必ず掲載するようにしましょう。

まとめ

今回は、ホームページを24時間働く営業マンにするための方法をご紹介しました。

弊社でもホームページ制作を行っております。興味がある方はお問いわせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
ホームページ制作だけでなく、マーケティングや集客についてもお話しできればと思います。