Webマーケティングの基礎〜コロナ状況にあって〜

アイキャッチ

2020年はコロナの影響もあってなかなかオフラインでの営業ができない企業も多いのではないでしょうか?その代わり、オンラインで行うウェビナー(Webセミナー)なるものが流行り出しています。

このように、営業活動はオフラインからオンラインに移ってきています。いまだにネットに疎い企業はデジタルネイティブと言われるような学生時代からインターネットやパソコンに触れてきた若い世代によって打ち負かされる可能性も出てきます。そうならないためにも、今すぐ営業活動・マーケティング活動のデジタルシフトが必要です。

Webマーケティングの基礎〜コロナ状況にあって〜

Webマーケティングは、ネット上で行うマーケティング活動のことです。
AIDMAモデルでいうと、Webマーケティングを行い認知から購買決定まで全てネット上で完結させることや認知〜興味の部分までをネットで行い問い合わせやリスト取りを行ってからオフラインに繋げるやり方がよく見られます。

実際にどうやってWebマーケティングを行うのか?
AIDMAモデルに沿ってご説明して行きます。

まず、AIDMAモデルをご存知ではない方のためにAIDMAモデルの説明をします。
AIDMAモデルと有名な消費者の購買決定モデルです。

製品の存在を知る、認知する(Attention)
興味を持つ(Interest )
欲しいと思う(Desire)
記憶する(Memory)
最終的に購買行動に至る(Action)

各頭文字を取ってAIDMAモデルと名付けられています。

製品の存在を知る、認知する(Attention)

まずは製品のことを知ってもらう認識してもらう必要があります。
ネットで商品のことを知ってもらう方法は主に以下があります。

  • リスティング広告
  • バーナー広告
  • SNS広告
  • SNSでの情報発信
  • オウンドメディアでの情報発信
  • オンラインセミナー

 

業種や予算によってどの方法が適切かは異なります。

BtoBの製造業であれば、オウンドメディアを構築して関連キーワードの検索結果上位にページが表示させるようにして企業や商品を認知させることができます。BtoB企業はオウンドメディアを構築して検索から認知させるのが良いです。ただし、オウンドメディアの構築には時間がかかります。その理由は、検索結果の上位に表示されるまでには時間がかかるからです。そのため、費用は発生しますが初めはリスティング広告を使い認知を拡大します。同時にオウンドメディアの構築を進めることが良いです。

逆に店舗事業者などBtoCの業態では、SNSでの認知が効果的です。飲食店や美容室などは写真を投稿できるInstagramが特におすすめです。SNSは即効性があるので、オウンドメディアに比べて比較的早く効果がでます。

興味を持つ(Interest )欲しいと思う(Desire)記憶する(Memory)

製品やサービスのベネフィットを伝えて興味や欲求を持ってもらい覚えてもらうプロセスです。
ネットでは、SNSやオウンドメディアでベネフィットを伝える。またリスト取りを行いメルマガやLINE公式アカウントに誘導して顧客育成を行うことができます。

認知の段階では、企業名や商品名を知ってもらうことが目的でしたが、興味の段階では名前だけでなくどんな製品なのかを知ってもらう段階です。

そのため、認知の段階よりも深く情報を伝えます。

手法としては、広告やSNS、オウンドメディアを使って商品の概要やベネフィットを伝えます。また、メルマガやLINE公式アカウントに登録を促し、ステップメールやステップLINEで顧客育成を行います。

最終的に購買行動に至る(Action)

最後にお客様に購入を促せばokです。
必要に応じて個別でのWeb商談を行い購入に持って行きます。

まとめ

今回はかなり簡単にAIDMAモデルを使ってWebマーケティングについて解説しました。
実際にWebマーケティングを行うときにどうやってSNSを使うかや、オウンドメディアの構築をどうやってしたら良いのかなどは、今後別の記事で紹介して行きます。お楽しみに。