Twitter集客のススメ〜企業もツイッターを始めよう〜

アイキャッチ

Twitterは若者を中心に多くの人が利用するSNSとなりました。140字という制限があるという特徴があり、短い文字で相手にメッセージを伝えることができます。

SNSは個人のものと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、店舗事業者や大企業ではツイッターの利用がとても進んでいます。

今回の記事では、ツイッターの概要、メリットとツイッターを利用している企業の事例をご紹介していきます。

Twitter集客のススメ〜企業もツイッターを始めよう〜

Twitterとは、、若者を中心に利用されているSNSの1つです。
140文字で投稿することができます。写真や動画も投稿できます。
リツイート機能があり、これを使うと他の人のツイートを自分も投稿できます。そのため、非常に拡散性の高いSNSと言われています。
TwitterはFacebookとは違いほとんどの人は匿名でアカウントを作っています。そのため、本名を出したくないという方でも利用しやすいSNSです。

企業がTwitterを利用するメリット

企業がTwitterを利用するメリットは以下です。

  • 有益な情報を提供して信頼を得ることができる
  • 企業や商品について知ってもらえる
  • ホームページやブログ記事への送客
  • 親近感を持ってもらえる
  • 広告費を減らせる

 

などが挙げられます。

企業のTwitter運用のコツ

企業のTwitter運用のコツは、以下です。

  • 単なる宣伝をしない
  • 有益な情報を提供する
  • 毎日投稿する

 

ツイートはフォロワー目線で、フォロワーに役立つ・フォロワーを喜ばせるツイートをしましょう。
企業のアカウントをみると、一方的に宣伝ばかりツイートしているアカウントをたまに見かけます。
フォロワーが欲しい情報なら大丈夫なのですが、単なる宣伝のツイートをたくさんしてしまうとだんだんフォロワー数が減っていきます。
基本的にはフォロワーの役立つ情報をツイートするようにしましょう。役立つ情報を発信することで、フォロワーに信頼してもらうことができます。

毎日投稿することも重要です。
頻繁に目にした方が親近感が沸きますし。頻繁にツイートすることでより多くの人の目に触れることができます。
Social Dogという投稿をスケジューリングツールを使うと、まとめて投稿設定ができるのでおすすめです。

Twitterを利用している企業事例

美容室や飲食店などの店舗事業者の方との相性も良いですが、大企業もTwitterを利用しています。

今回は、Twitterの企業アカウントとして有名な「シャープ」「タニタ」「キングジム」があります。

シャープ

 

2020年6月20日のフォロワー数は84万です。
シャープさんと呼ばれる担当者の緩いツイートが人気です。
たまにコラム記事のツイートがあり、記事の内容もとても面白いです。
フォローしていればその記事にもきっと巡り会えます。

タニタ

 

2020年6月20日のフォロワー数は31万です。
こちらも緩いツイートが人気。
健康系企業ということもあってやや健康関係のツイートが多い気がします。

キングジム

 

2020年6月20日のフォロワー数は39万です。
文具メーカーで有名なキングジムのアカウントです。
文具やインテリアについてのツイートが多くこのアカウントをフォローしていれば生活力が上がること間違いなしです。

まとめ

今回は、企業のTwitter運用についての記事でした。
始めなければ効果もわからないので、まだ始めていない方はぜひ始めてみてください。