デジタルシフトとは?IT化が進んでない企業必見!

アイキャッチ

デジタルシフトという言葉はご存知ですか?
デジタルマーケティングやITを使った業務効率化など、販売から生産効率化まで、ITの活用は日々進んでいます。
このようにあらゆる手段がITに変わることをデジタルシフトと呼びます。

デジタルシフトとは?IT化が進んでない企業必見!

IT技術を使ったサービスや製品の普及により、デジタル化は多くの企業で進んでいます。
代表的な例であるペーパレス化という言葉はよく聞きますよね。

デジタルシフトの効果としては、大きく2つに分けることができます。

  • 売上が上がる
  • 業務効率化

そして、これらの効果から2つのデジタルシフトの概念に分けられています。

  • 攻めのデジタルシフト
  • 守りのデジタルシフト

この2つです。

攻めのデジタルシフト

攻めのデジタルシフトとは、売上拡大施策としてITを活用することです。
Web集客を始めるために、SNSを活用したり、ホームページを制作して運用したりといったことがこの攻めのデジタルシフトに入ります。
ネットバーチャルに関わらずあらゆるチャネルでお客様と繋がろうとするオムニチャネル戦略などに使えます。

また、ITを使って分析することも攻めのデジタルシフトの1つです。
マーケティングオートメーションなど、複雑かつ膨大な作業を自動化することが例に挙げられます。

最近では、ウェビナー(ウェブセミナー)やオンライン商談など、インターネットを使って場所の制約を受けない営業活動も増えています。

守りのデジタルシフト

守りのデジタルシフトとは、業務効率化施策としてITを活用することです。
ペーパレス化や、事務作業の自動化などがこの守りのデジタルシフトに入ります。

守りのデジタルシフトは人力でやっていた作業をIT化することで人件費を大きく減らすことができる可能性があります。
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が近年のトレンドです。

デジタルシフトを進めるには?

デジタルシフトを進めるには、サービスを利用するかIT人材が必要です。
サービスを利用する場合には、サービスを選定して担当者がサポートを利用しながら進めていく流れとなります。

IT人材を使う場合には、人材コストが増えますが、より本格的なITシフトが可能になります。
採用するか、人材派遣サービスを利用するなどがあります。

まとめ

デジタルシフトを行えば、優位性を構築できたり、コスト削減することができます。
逆にデジタルシフトができなければ、競合に大きく差をあけられてしまう可能性もあります。
IT化できない企業は今後淘汰されると予想できるので、早めにデジタルシフトを行う必要があります。