ホームページは運用が重要!

アイキャッチ

ホームページを作ったけど、全く反響がない。
そんな経験はありませんか?

今回はホームページ集客するために必ず必要なホームページ運用についての記事です。

ホームページは運用が重要

ホームページ運用を行わないとホームページ集客はできません。

よく、ホームページ作ったけど、全然集客できないじゃんと言う方がいらっしゃいます。
それはそうです。ホームページは運用して初めて集客できるものだからです。

では、このホームページの運用とは一体どんなことなのでしょうか?

ホームページ運用は大きく2つに分けられます。

それは、SEO対策とコンバージョン率の改善です。

1つ目が、SEO対策。
ホームページへの流入経路のほとんどは検索からの流入です。
そのため、SEO対策をすることがアクセス数アップにはもっとも効果的なのです。
私の運営しているサイトでもほとんどが検索経由のアクセスです。
このSEO対策を行うとアクセス数が大幅に改善されます。

2つ目が、コンバージョン率の改善施策です。
コンバージョン率とは、反応率のことでよくお問い合わせ件数分のアクセス数が使われます。
SEO対策を行ってアクセス数が増やせても、問い合わせが全くこなかったら集客に繋がりません。
コンバージョン率を改善することではじめて問合せに繋がります。

この2つが合わさって初めて集客につながります。
数式にすると、、、
アクセス数 × コンバージョン率 = 集客数

SEO対策で検索からの流入を増やす方法

SEO対策でオススメの施策はブログです。
記事数を増やすことがSEO対策になるからです。
もちろん適当に記事を書けば良いわけではありません。
たくさんの人が読みたいと思う記事を書く必要があります。
良質な記事をたくさん書くことがSEO対策となります。

SEO対策の話はまた別の記事で紹介します。

コンバージョン率をあげてお問い合わせ件数を増やす方法

コンバージョン率を上げるには、まずとことん問合せしやすくすることが必要です。
お問い合わせフォームを改善して、簡単に問合せできるようにしたり、問合せボタンを分かりやすい所に設置するなどです。
もちろん、そもそも顧客が興味を示すような商品・サービスであることが重要です。その上で、この問合せしやすくする施策が重要となるのです。

ホームページ運用とはSEO対策とコンバージョン率両方の改善をし続けること

先ほど、紹介したSEO対策とコンバージョン率ですが、この2つを改善し続けることがホームページ運用です。
ブログを書いたり、ホームページを改善し続けることではじめてホームページ集客ができるようになります。

自分でホームページ運用をするのが難しい場合は外注するようにしましょう。
ブログ制作であれば、フリーライターの方に頼んで記事を書いてもらえば自分で書く必要はなくなります。
コンバージョン率の改善であればホームページ制作会社に頼めばノウハウがあり早くコンバージョン率を上げることができます。

ホームページ運用をやってみよう!

ホームページ運用を始めるにはまず、運用担当者を決めましょう。
個人事業や一人で仕事をされている場合はご自身がやるしかないですが、
中小企業や大企業の場合はまず、運用担当者を決めることがスタートです。

次に何をどのくらいやるのかを明確にしましょう。
ブログであれば、更新頻度を決めましょう。
例えば、、、週に1回や2日に1回など。

あとは、決めた頻度でブログ更新を行っていけばOKです。
検索順位を確かめながら書くと効果的です。
1記事2000字程度で、ブログを書き続けると効果が出てきます。
もちろん、SEO対策の基礎知識は必要なのでSEO対策の知識を学びながらブログを書き進めていきましょう。

私の場合はだいたい80記事書いた頃から効果がではじめました。

ホームページ運用には粘り強さが重要

ホームページ運用、実はかなり大変です。
効果が出るまでに時間がかかりますし、ブログ記事1つ書くのにもかなりの労力が必要になります。
最初はほとんどアクセス数もありません。
しかし、ある時を境に急激にアクセス数が伸びるタイミングがあります。
そこまでいかに粘れるかが重要なのです。

一定期間に記事を書き溜めて少しずつ公開していくのもありですし、定期的に書いて書いたらすぐアップしていくと言うことも可能です。更新のスタイルはご自身にあった方法を選びましょう。

これだけはやめよう

よくブログを書く場合に日記のように書かれる方がいます。
今日のお昼は〜を食べました。といった感じですね。
個人の趣味であればこのような内容でも問題ないのですが、集客のためのブログの場合このようなブログはNGです。

ブログは読者が読みたい内容・役に立つ内容を書くようにしましょう。するとアクセスが集まる記事になっていきます。

また、文字数の少ない記事はやめましょう。
文字数の少ない記事はSEO対策的に逆効果になります。
少なくとも800字以上は書くようにしましょう。