ホームページ集客するために大切な6つのポイント

アイキャッチ

今回はホームページ集客をするために重要な6個のポイントについてです。

自分の会社や店のホームページ集客したいと言う方も多いのではないのでしょうか?
そんな方のために今回はホームページ集客するために大切なことを紹介していきます。

ホームページ集客するために大切な6つのポイント

ホームページ集客をするために大切なのは6つです。
1、ターゲットを決める
2、ターゲットが検索しそうな検索ワードを洗い出す
3、検索ワードの優先順位を決める
4、SEO対策をしながらブログを書く
5、検索順位をモニタリングしながら改善していく
6、コンバージョン率を改善する

この6つのポイントを1つずつ解説していきます。
この6つを実践してホームページ集客を実現していきましょう。

ターゲットを決める

まずは、ターゲットを決めましょう。
ターゲットとは何か?それは、あなたが集客したい人のことです。
言い換えるとあなたがあなたのお客様になって欲しい人です。

我々のようなホームページ制作会社だと、会社のホームページ担当者やWebマーケティングの担当者、広報担当者などです。

このターゲットを決める作業をしていなければ、全く関係ない人を呼び集めることになりかねません。
男性向けの商品を販売しているのに、女性を集客しても期待する効果は出ないですよね。
期待する効果を出すためにもまずはターゲットを決めることが必要なのです。

まずは、ターゲットを決めましょう。

ターゲットが検索しそうな検索ワードを洗い出す

ターゲットを決めたら次にそのターゲットが検索しそうな検索ワードを洗い出します。

美容室であれば、「癖っ毛 直し方」「ヘアカラー おしゃれな色」「モテる ヘアスタイル」「〇〇駅 美容室」などが考えられます。

このように、ターゲットが検索しそうなワードを思いつく限り洗い出しましょう。
ちなみに、このラッコキーワードというサイトを使えば、簡単に関連する検索ワードを見つけられます。
このサイトも検索ワードを洗い出す際にぜひ使ってみてください。

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))
https://related-keywords.com/

検索ワードの優先順位を決める

検索ワードを洗い出したら次に優先順位を決めていきます。

この優先順位の決め方ですが、主に以下がその基準となります。
1、検索数が多いか
2、ターゲットユーザーが検索している検索ワードか
3、競合サイトのSEO対策の強さ

この基準に照らしわせて、検索順位でより早く簡単に上位に表示されそうな検索ワードを優先的に順位付けしていきます。

SEO対策をしながらブログを書く

順位付けが終わったら、ブログ記事を書いていきます。
このブログ記事ですが、ホームページ内のブログである必要があります。
外部の無料ブログなどにブログを書いてもホームページ集客にはつながらないので注意しましょう。

SEO対策については、「SEO対策」とGoogle検索すれば参考になるWebサイトが簡単に出てきますので、検索してSEO対策がどのようなものかを学習して、その内容を参考にブログを書き進めていきましょう。

どんな分野かにもよりますが、だいたい50記事を過ぎたあたりから効果が出始めます。
最初はなかなかアクセス数も伸びず、検索順位も伸びませんが、記事数を増やせば増やすほど検索順位が伸びます。
粘り強くブログ記事を書き続ける必要があります。

また、記事の文字数も重要です。最低でも800字以上、できれば2000字程度は書きましょう。

検索順位をモニタリングしながら改善していく

記事を書いた後には、検索順位を確かめながらリライト(書き換え)を行いましょう。
記事の内容を増やして文字数を増やしたり、関連性のない内容を消すなど、試行錯誤しながら検索順位を上げて行きましょう。
ブログを書いて初めの頃は、記事数も少ないため検索順位の上位に表示されにくい傾向にあります。そのため、ブログの書き始めの頃はあまり順位を気にする必要はないかもしれませんが、50記事を過ぎたあたりからはこの検索順位を気にしながらチェックして修正、チェックして修正という風に改善を繰り返しましょう。

この改善を続けるとアクセス数やアクセスユーザー数が増えていきます。

コンバージョン率を改善する

アクセスが増えたら次はコンバージョン率の改善です。
コンバージョンとは反応という意味です。つまり、問い合わせなど反応があった場合にコンバージョンが発生したと言えます。
コンバージョン率の改善とは、問い合わせ件数 / アクセス数 を改善していくことです。
ブログに広告やメインページへのリンクを貼って、自社のサービスや商品ページに誘導します。そして、問い合わせにつなげるのです。

コンバージョン率の改善には、問い合わせをしやすくするなるように工夫が必要です。
よくいわれるのは、問い合わせフォームの入力項目を減らすことです。問い合わせフォームの入力項目を減らすことで、アクセスしてきた人は問い合わせがしやすくなります。逆にフォームの項目が多いと入力を面倒だと感じ問い合わせしにくい状態となります。

コンバージョン率の改善も、ブログ記事のSEO対策と同じように改善を続ける必要があります。

まとめ

今回はホームページ集客するために重要な6つのポイントについてお話しました。
ご参考になれば幸いです。